キャラクター名鑑:ドスコイ

ドラゴンボールの好きなキャラクターを紹介するコーナー。
今回からは好きなキャラクターだけではなく、『ドラゴンボールキャラクター名鑑』と名称を変更して、マイナーキャラを初め、色々なキャラを1人紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは、超マイナーなキャラクター『ドスコイ選手』です!

プロフィール


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

キャラクター名:ドスコイ
登場作品: ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
名前の由来:相撲のどすこい
声優カカオ:里内信夫
関連リンク:東映チャンネル劇場版 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

DRAGON BALL THE MOVIES #09 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 [DVD]
DRAGON BALL THE MOVIES #09 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 [DVD]

ドラゴンボールZ~銀河ギリギリぶっちぎりの凄い奴~【劇場版】 [VHS]
ドラゴンボールZ~銀河ギリギリぶっちぎりの凄い奴~【劇場版】 [VHS]

天下一大武道大会出場選手

ドスコイ選手は、ギョーサン・マネーが主催する天下一大武道大会に出場した選手の一人です。
悟飯達と一緒に、天下一大武道大会に出場しました。
当然、悟飯達とは一切関係のないモブキャラクターです。

決勝戦に出場するためには、まず予選を勝ち抜かないといけません。
この予選で、ドスコイ選手が意外な活躍を見せます。

意外と実力者?

予選はブロックごとのバトルロイヤル。

ドスコイ選手が身体の大きさを利用して他の選手を追いかけていきました。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

しかし、他の選手が束になって反撃。
崖際まで追い込まれます。



©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

後ろのモニターには四股を踏むドスコイ選手の姿が!

壁際に追い込まれたドスコイ選手でしたが、何人もの人間をまとめてぶんなげて場外にぶん投げてしまいました。
これを見るに、パワーだけなら相当なものがあるでしょう。




©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

さらに他の選手をふっ飛ばし、力の違いを見せ付けます。




©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

決勝進出

予選で大活躍を見せたドスコイ選手は、決勝に進むためのトーナメントに出場します。

今度は1VS1の戦いになります。
カードは、悟飯VSウドー、トランクスVS天津飯、クリリンVSピッコロ、ドスコイVSカンフーン。
この試合の勝者は、悟飯・トランクス・クリリン・ドスコイの4名。
ドスコイVSカンフーンが戦う場面は出てこなかったので省略します。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

そうして決勝に勝ち残ったのは、悟飯・トランクス・クリリン・ドスコイ選手の4人。
決勝で戦う場所は特別に用意されたバトルゾーン。
バトルゾーンでは、これまでのような選手同士の戦いではなく、ミスター・サタンの弟子である銀河戦士と1VS1で戦うことになります

銀河戦士を倒して、一番早く戻ってきた選手の勝利となります。
悟飯・トランクス・クリリンと直接戦うわけではないので、このルールならドスコイ選手にも僅かに優勝の可能性は残されているはずです。

バトルゾーンでの戦い


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

4人がそれぞれバトルゾーンに向かうことになるが、そこに待ち受けていたのは銀河戦士ではなく、ボージャック一味でした!
後ろから現れたボージャック一味のビトーになすすべなく、ドスコイ選手は殺されてしまうことに…。











©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

そしてビトーが冷酷な笑みを浮かべます。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

強さは?

悲惨な最期を迎えてしまいましたが、Z戦士以外では唯一ベスト4に輝いたのがドスコイ選手です。

予選やトーナメントでZ選手と戦うことがなかったのがベスト4に残れた理由ですが、運も実力の内でしょう。
しかも、他の予選参加者に対しては圧倒していましたからね。

全く効果はなかったものの、首を絞めるビトーにも多少抵抗していた辺り、やはり一般人と比べると強い選手なのかもしれない。
本気で首を絞めたわけじゃないにせよ、ボージャック一味は超サイヤ人1クラスの強さがあるわけですから。

Z戦士と戦ったらパンチ一発で場外までふっ飛ばされそうだが、それでも一般人と比べれば相当な実力者なのかもしれない。
世界チャンピオンのサタンと戦ったら、いい勝負をしそうです。

ちなみに、作中では「ドスコイ」としか喋っていません。
ビトーに首を絞められたときも「ドスコイ・・ドスコイ・・・」でした。
超マイナーで話題にするようなキャラでもないのだが、何故か気になってしまうドスコイ選手なのでした。

『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』は管理人が一番好きな劇場版 ドラゴンボールZです。
ボージャックブージンも好きなキャラクターとして紹介しているので、チェックしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする