ドラゴンボール超 第88話「悟飯とピッコロ 師弟激突の限界修行!」の感想

今週のドラゴンボール超感想記事です。

今週のドラゴンボール超の感想

第88話:「悟飯とピッコロ 師弟激突の限界修行!」
放送日:2017年4月30日


『ドラゴンボール超 Blu-ray BOX7』の予約が開始です!
発売予定日は2017年8月2日です。
ドラゴンボール超 Blu-ray BOX7
ドラゴンボール超 Blu-ray BOX7

悟空とピッコロの修行

いきなり悟飯とピッコロの修行が始まりました。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ピッコロは悟空から話を聞いていて、悟飯の全覧試合の戦いぶりや、負けたら宇宙が消滅することなどを知っていたようです。
そんな話を聞いたピッコロは、力の大会に出ることに決めました。

ピッコロ「その大会…俺も出よう。」
悟空「おお~!」
ピッコロ「全宇宙の手練が存亡をかけて戦う。この極限、腕がなるぞ!」
悟空「お前ならそう言ってくれると思ってたぞ!」

ピッコロ「そういえば悟飯はどうしたんだ?」
悟空「ブランクはあったけんど、あいつなりにこの間の全覧試合頑張ってたぞ! ただ、本来の悟飯の力考えればもっと出来るはずなんだよなぁ~!」
ピッコロ「ふん、悟空、仙豆はあるか?」
悟空「いま、持ってねぇけんど。」
ピッコロ「すぐに二粒持って来い! 俺が特訓であいつの勘を取り戻してやる!」
悟空「分かった、頼んだぞピッコロ!」
と、悟飯の特訓の相手も申し出ました。

もらった仙豆は最後の最後まで使わないようです。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

悟飯は超サイヤ人になってピッコロを攻めますが、反撃を受けます。
まだまだ勘を取り戻すには時間がかかるようですね。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ピッコロはこの表情。
物足りなさを感じてる?

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

日常回

お馴染みの日常回。
ブラも元気に育っているようです。

トランクスと悟天がおむつを替えてますがうまくできないようです。
交代したべジータがあっという間にオムツ替え。
本当できる男ですw


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

力の大会で負けたら宇宙が消滅することをブルマに言おうか迷っていたビルス様ですが、言ったらこうなることを想像してやめたようですw


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

クリリンと18号の修行

マーロン「パパが帰ってきました~!」
マーロン「お帰りなさい。 お仕事はどうでしゅか~?」
マーロン可愛いですね。一人でおままごとしているようです。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

クリリンと18号は修行をしてます。
17号は修行して相当強くなっていたので、18号も修行さえすれば強くなると思います。
17号と18号では元々17号のほうが少しだけ強いので、17号を超えることはできないかもしれませんが。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

「あら、最近は夫婦喧嘩も派手になったわね~!」
「パパもママも頑張れ~!」
「え~!?」
と、近所の人に夫婦喧嘩と思われてるようですw

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

そんな二人の特訓ですが、18号が勝ちました。
これは当然の結果ですね~。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

悟空とピッコロの修行2

再び二人の修行シーンへ。
悟飯がピッコロに圧倒されています。

悟飯「まだ…まだ…僕がみんなを守るんだ。」

そんな悟飯の姿を見たピッコロは、
ピッコロ「気負いばかりが見える。それでは空回りするばかり。修行など意味がない! 強くなるなど言わずもがな、本来の力を発揮することすら出来ぬなら、ビーデルたちを守ることはできんぞ!」
ピッコロ「確かに何かを守りたい気持ちは力になる。だが、強すぎる思いは危ういものだ。うまく扱えなければ、力ではなく枷となる。勝つことばかりに気を取られれば、冷静な状況判断が出来ず敵の本当の力を見誤る。」

ピッコロさんからの叱責を受けた悟飯は、
悟飯「そうか、僕はそんなことを…。」
ピッコロ「必ず勝つ戦いなどありはしない! 負ければこの宇宙は消滅する! まずはその事実を受けいれろ! そしてその上で勝て!!」
悟飯「はい!」

ピッコロ「心配するな。お前なら勝てる。」
悟飯「え!?」
ピッコロ「この俺が言うんだ。自信を持て。」
ピッコロさんイケメンw
そしていい保護者。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

キャベ登場

第六宇宙のサイヤ人キャベが登場しました。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ヒットがいくら強くても、70人相手に勝利するのは確実ではないようです。
これは他の宇宙の戦士にも言えることでしょう。

そんなキャベはメンバー集めのためにとある星にやってきました。
そこにいたのは、見知らぬおっさん。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

レンソウという名前のようです。
キャベとは顔見知りのようです。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

レンソウ「いや~それにしても久しぶりだな。キミの活躍は聞いている。 今やサイヤ人精鋭部隊サダラ防衛隊のエース。」
キャベ「隊長が鍛えてくれたおかげです。」
レンソウ「元隊長だ。」
キャベ「はい…。」
レンソウはどうやらサダラ防衛隊の元隊長だったようです。
ということは、サイヤ人なんでしょう。
現在は足を悪くしていて、引退したようです。

レンソウ「それより新しい力を手に入れたそうだな。見せてくれないか?」
キャベはべジータとの戦いでマスターした超サイヤ人の姿を見せました。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

レンソウ「おお~!何というパワーだ! キミがいれがこの宇宙も安泰だな。」
キャベ「実は…そのことなんですが。」
と、キャベは力の大会のことをレンソウに教えます。

レンソウ「何!宇宙が!?」
キャベ「お願いします。力の大会に参加してください。レンソウさんの力が必要なんです!」
レンソウ「俺はもうサダラ防衛隊をやめた身だ。それにもう俺の足は…」
どうやら、キャベはレンソウを力の大会に誘いに来たようです。

キャベ「昔と同じ力が出せなくても…大会は80人によるバトルロイヤル! レンソウさんの戦闘経験は必ず役に経つはずです!」
レンソウ「買いかぶりだ。」
亀仙人が力の大会に参加するようなことなんでしょうね。
悟空も亀仙人は経験があるという理由で参加をOKしましたし。

キャベ「お願いします!宇宙の存亡がかかっているんです!」
キャベ「レンソウさん!」
レンソウ「今の俺に、そんな大層なものを背負うことはできない。」
レンソウ「どうしてもと言うなら、妹のカリフラを連れていけ。」
キャベ「え?あのカリフラさんですか?」
レンソウ「不服か?」
キャベ「いえ、そういうわけではありませんが。カリフラさんはどうも苦手で…。」
レンソウ「ハハハ!ただのチンピラに見えるからもしれないが、カリフラの潜在能力は遥かに俺を上回っている。」

ついに新しいサイヤ人の登場です!
レンソウよりも潜在能力は上だとか。

カリフラ

こうしたチンピラ集団を率いているのかな?
カリフラがチンピラ集団のリーダーでしょうか。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

肉を食べてるシーンです。
こうした野生的な姿はバーダックっぽくも見えます。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

これがカリフラです。

出典:Vジャンプ

カリフラは、オープニングにも出ていた女ブロリーと同一人物?





©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

でも似てるけど、服装と髪形が違うんですよね。
カリフラは荒々しいけど、女ブロリーは大人しそうにしてます。
同一人物なのか、別人なのか気になるところ。

ちなみに、ブロリーの名前の由来はブロッコリーです。
カリフラの名前の由来はカリフラワーで間違いないと思います。
同じような野菜繋がりですね。

名前の由来だけ見ると(ブロッコリーxカリフラワー)、カリフラと女ブロリーは同一人物のように思えますが・・・まだ分かりませんね。

悟空とピッコロの修行2

再び二人の修行シーンです。
ここからは真剣勝負開始です。

悟飯は限界突破して、(おそらく)超サイヤ人2に。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ピッコロいわく、悟飯には弱点があるとのこと。
ピッコロ「確かにお前は強い。だが、お前には弱点がある。それを克服しなくても、おそらく大会で勝ち残ることはできないだろう。その弱点を教えてやる!」

悟飯が学問や研究をしている間、ピッコロも修行をしていたようです。
超サイヤ人2の悟飯相手に互角以上に戦います。
締められてついに悟飯は変身が解けてしまいました。

ピッコロ「悟飯、お前の負けだ。お前は強い。だが心が戦士になりきれていない。肝心なところで詰めが甘いのだ!」
悟飯「え!?」
ピッコロ「昔からそうだ! ブウと戦うために老界王神に力を引き出してもらったときも、力をつけたお前は驕り、自分の力を過信し、その力を楽しんでしまった。」

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

確かにこれが悟飯の弱点なのでしょう。
セル戦でもそうでしたね。
結局セルを自爆させちゃいましたし。

ピッコロ「いくら強くなろうが、その驕りがある限り、大会で勝つことはできないだろう。」
ピッコロ「戦士になれ!相手が誰だろうと全力で戦え!」
悟飯「分かりました。全力でいきます!」

ピッコロから弱点を指摘されて悟飯は再び超サイヤ人2に。

ピッコロ「ふん!超サイヤ人がお前の全力ではないだろう?」
ピッコロ「ブウと戦ったときの力を!!本当のお前を呼び覚ませ!」

そして悟飯はついにアルティメット悟飯に覚醒します!
やっぱりこれが一番カッコいい!
ドラゴンボールZ時代はアルティメット悟飯が、変身抜きの単体最強とも言われていました。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

オープニングでの覚醒したようなシーンはこれだったわけですね。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

そんな悟飯相手に分身の術で挑むピッコロ。
しかし今の悟飯相手には通じません。
ピッコロの腕を切断して、反撃しました。

ピッコロ「いいぞ、悟飯。それでいい。この戦いができれば他の宇宙の奴らにも負けんだろ。」
悟飯「ありがとうございます!」

しかし、油断した悟飯はピッコロから後ろから攻撃されます。

ピッコロ「やはり詰めが甘いな。ブウと戦ったときと同じだ。あのときも勝負がついたと思ったお前は、油断し、まんまとブウに吸収された。」
ピッコロ「最も詰めが甘いのは父親譲りかもしれんがな。」
ピッコロ「よく聞け悟飯。驕りを捨て、大会では勝負が決するまで絶対に油断するな!」
悟飯「はい!」

アルティメット化しても、やはり油断する癖はなかなか直らないようです。

二人の修行はまだまだ終わらないようで、大会が始まる最後の最後まで修行を続けるようです。
そして最後にガッチリと握手!

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

悟飯「だったら、合体技とかコンビネーションとかを作りませんか?」
ピッコロ「お前とか?」
悟飯「はい!絶対に武器になると思うんです!」
ピッコロ「面白そうだな・・ふん!いいだろう!」
これは絶対グレートサイヤマンの影響が出ていますねw
ピッコロさんが変な合体技に使われそう。

1日が過ぎ去り、ついに力の大会まで4時間30分?と迫りました!

そんなヤムチャはまだ誘われると思っているようですw
ヤムチャ「誘いがきたら一旦は断るとして…力の大会? 悪いな悟空、興味がないんでな。」
ヤムチャ「いや、もっと下手に出て・・駄目だよ俺なんて足手まといになるだけだ。」
ヤムチャ「いや、ちょっと違うなぁ~。うーん、ぶつぶつ。」
ヤムチャ「それにしても遅っせなぁ。そろそろ誘いに来てもいい頃なんだけどなぁ。あ!悟空なら瞬間移動で来るか!何処に現れるんだ悟空!そこか!いやそっちか!さぁ来い!いつでも来い!来い来い来い~!」
ヤムチャの扱いがひどい・・・・・w

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

次回は?

次回のタイトルは、「現れた謎の美女! 天津流道場の怪!?」です。
めずらしい天津飯回ですね!

ドラゴンボール超 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    トランクスと悟飯がおむつを変えている

    悟天ですね

    この俺がいるんだ、自信を持て

    この俺が言うんだ、ですね

  2. ボロンゴDB より:

    ありがとうございます!
    修正しました。