ドラゴンボール超 第72話「反撃なるか!? 見えない殺しの技!!」の感想

今週のドラゴンボール超感想記事です。

今週のドラゴンボール超の感想

第72話:「反撃なるか!? 見えない殺しの技!!」
放送日:2016年12月25日


ドラゴンボール超 Blu-ray BOX5
ドラゴンボール超 Blu-ray BOX5

悟空の復活

前回、死んだと思われていた悟空。
悟空達が必死に蘇生するも実らず・・・。

そこへ空から何かが飛んできます。
それは前回悟空が空に放った気弾でした。
気弾が悟空の胸に振り降りてきて・・・。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

それが衝撃となり、悟空が復活できました。
最初からこれが作戦だったんですね。

悟空を倒した技は時とばしとは違う

ピッコロ「孫、お前ほどの奴が死ぬとはな…。時とばしなら攻略したはずじゃなかったのか?」
悟空「時とばしとはちげぇ。もっと凄い何かだ」
悟飯「僕は噂でしか知りませんが、ヒットという人物はそんなに強いんですか?」
悟空「本気のヒットはとんでもなく凄ぇぞ! オラこの機会に本気のヒットと戦ってみてぇんだ!」
と、悟空を倒した技は時とばしとは違うと、悟空が語りました。
新しく習得した技でしょうか?

そして再びヒットとバトルへ

もう一度ヒットと戦うために、ヒットに呼びかける悟空。
ヒットを挑発し、悟空は森に移動しました。
死角が多く、殺し屋のヒットにとっては戦いやすい場所です。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

悟空「あっちに気感じるちゅうことは、あっちにはいねぇちゅうことだな。」
悟空「お前自分の気の偽者を作れんだろう? それを囮にオラの背後をとったんだよな?」
と、前回背後をとられた理由まで悟空が考察しました。

精神を集中させて、さらにヒットを感じ取る悟空。
悟空「気の分身ちゅうやつか。凄ぇな!」

そして死角から、悟空目掛けて攻撃するヒット。
悟空はそれを感じ取り、ギリギリで避けるも風圧で吹き飛ばされてしまいました。
しかし前回のように一撃で仕留めるのには失敗してしまったようです。




©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

悟空「しっかし、まさか物をすり抜けて攻撃してっとは思わなかったぞ!」
悟空「でもそのお陰で分かってきたぞ。お前見えねぇ気を撃ってんだろう?」
と、見えない気を使った攻撃を行っていると悟空が推測しました。
そして森を抜け出し、広い場所に悟空たちが移動しました。

何もない空間や地面を叩き、その直後に悟空に攻撃が襲います。
今回悟空がくらうのは3度目で、この攻撃はすでに見切ったようです。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

そして今度は悟空の攻撃が開始!
いきなり悟空が猫だましでヒットの隙を作り、一撃入れようとしました。
避けられるものの、ヒットが驚いていたので多少効果はあったようです。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

しかし悟空の攻撃や一度も当たらず・・・。
悟空は『残像拳か!?』と推測するも、残像拳ではないようです。
『時とばし』のような、時を操る力と何か関係があるのでしょうか。

あまりのヒットの強さに悟空の手が震えだします。
ビビル悟空の姿はめずらしいですよね。
ここでCMに突入しました。

修行を続けるべジータ

ウイスに触ることに成功したべジータ。

ウイス「後3回です。頑張ってください。」
べジータ「特上ステーキでどうだ? 特上ステーキでとうなんだぁ~!!
ウイス「はい?」
べジータ「残り三回とステーキを取引すると言ってるんだぁ~!!」
ウイス「そうきましたか。 ただ、ステーキは何度か頂きましたしね。 もっと未経験の美味しいものでないと、心は動きません。」
べジータ「だったら、おばあちゃん秘伝のタレをぶっかけてやる!!」

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ウイス「おばあちゃん秘伝のタレ・・・。」
べジータ「ああ!そうだ! おばあちゃん秘伝のタレをかけたステーキだぁ~!!」
ウイス「これはまた何と食欲をそそる響きでしょう。」
べジータ「よしよしっ!よしっ!」
もう完全にべジータはネタキャラ化してますねw

というかべジータはおばあちゃん秘伝のタレ味が分かるんですねw
地球で美味しいものを食べすぎたのか・・・w

シャンパ&ヴァドスが登場

相変わらず攻撃が当たらない悟空。
ここで悟空は、自分が攻撃しているときだけヒットが攻撃してこないことに気づきます。
「まるでヒットが二人いるみたい」だと。

そしてそこにシャンパ&ヴァドスが登場。

シャンパ「まだ孫悟空は生きてんじゃん! 本気のヒットが仕留められてねぇじゃん!」
ヴァドス「少々苦戦しているようですね。」

シャンパ「しかしどうしてあいつはヒットの身体に触れることもできねぇんだ?」
ヴァドス「ヒットの技が何故『時とばし』と呼ばれるかご存知ですか?」
シャンパ「時間を止められるからだろう?」
ヴァドス「彼は時間を止めているのではありません。 正確には時間を飛んでいるのです。」
シャンパ「時間を飛ぶって何?」
ヴァドス「そしてヒットは飛ばした時間を溜めることができるのです。」
シャンパ「だからそれ何?」
ヴァドス「さらに溜めた時間で別の空間、つまりパラレルワールドを作る。そこへ自由に移動することができるのです。」
ヴァドス「目には見えても触れることができないのはそのためです。」

ヒットの力の正体を破壊神であるシャンパさえ分からないみたいですから、悟空が苦戦するのも当然ですね。
ヒットはすでに破壊神クラスの力がありそうな気がしてきました。

そして再び悟空VSヒットへ2

もう少しでつかめそうと発言する悟空。
次のヒットの攻撃で惜しくも悟空の攻撃がかすりました。

ヴァドス「まるで武道大会の再現を見ているようですね。」
シャンパ「アイツは全王様が開く次の大会で脅威の存在になるぞ。」
と新たな武道大会があることを示唆したシャンパ。
その大会とは、ドラゴンボール超 新章「宇宙サバイバル編」のことで間違いないでしょう。

シャンパ「お前が孫悟空の暗殺を依頼したのは正解だったな。」
ヴァドス「あら、私は代理で頼んだだけで本当の依頼人は別にいるんですよ。」
と、依頼代理人がヴァドスで、本当に依頼したのが別にいるとヴァドスが語りました。
その依頼人も気になりますね。
破壊神の付き人であるヴァドスに直接依頼するくらいですから、相当身分の高い者と思います。
やはりあの人でしょうか?

そして再び悟空VSヒットへ3

悟空「お前、攻撃を受けるときだけ別の場所にいんだろ?」
悟空「でもそこにいちゃ、攻撃できねぇ! だから攻撃する瞬間だけこっちに出てくる。オラそこを狙った!」
そう推測した悟空でしたが・・・
ヒット「攻撃できないわけではない。」
と、悟空に反撃しました。

悟空と戦うヒット。
ヴァドスにはその姿が殺し屋・ヒットではなく、一人の武道家に見えるそうです。
ヒットも強敵との戦いを楽しんでいるんでしょうね。
もう殺し屋の顔をしていません。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ビルス「僕にはやられっぱなしだったよね!」
何と、そこにビルス様が登場しました。
さらにウイスとべジータまで。
どうやらみんな二人の戦いの見学に来たようです。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

そして決着へ

全力を出す悟空。
ヒットは再び別の空間に移動しました。
この空間が、飛ばした時間を溜めて作った『パラレルワールド』なのでしょう。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

しかしその空間に亀裂は走り、それがヒットの技を破ることになったのでした。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

そしてかめはめ波でヒットを狙い撃ち、初めてヒットに攻撃を当てることに成功しました。


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

力を使い果たした悟空、そして全力のかめはめ波を受けたヒットは共にダウン。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

二人とも笑っていて、戦いに満足したようですね。
やはりヒットも武道家として戦いを楽しんでいたようです。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ヒットに依頼したのは誰?

ヒットに悟空暗殺を依頼したのは、ウイスだと思っていました。
前回ウイスが意味深な表情をしていたので、修行の一環として依頼したのかと思いましたがそれは違いました。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

本当の依頼人は孫悟空自身で、ヒットと戦いたくて依頼したみたいです。
これにはヒットも驚いていたようで、
ヒット「お前という奴は、奥が深すぎて理解できん。」と驚きの表情。
実際、悟空は一度死んだわけですしね。

ただ、ウイスも一枚噛んでいたようで、悟空がウイスに頼み、ウイスがヴァドスに頼み、そしてヒットに依頼が届いたようです。
ウイスのあの意味深な表情はこのことだったのでしょう。
そして戦いを終えたヒット、ヴァドス達も去っていきました。

次回は?

次回のタイトルは、「悟飯の災難! グレートサイヤマンまさかの映画化!?」です。
次回はグレートサイヤマン回になりそうです。
グレートサイヤマンが何と映画化!
悟飯が主役回となりそうですね。

2017年2月5日(日)から放送開始となる、ドラゴンボール超 新章「宇宙サバイバル編」までは、このように短編エピソードを中心に放送していくんだと思います。

ドラゴンボール超 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク