ドラゴンボール超 新章「宇宙サバイバル編」の予告PV第1弾が公開!

2017年2月5日(日)から放送開始となる、ドラゴンボール超 新章「宇宙サバイバル編」の予告PV第1弾が12月20日に公開されました。

動画


ドラゴンボール超 公式サイト
©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

悟空と全王の約束が…
全宇宙を震撼させる
集められた全破壊神と全界王神
そこで告げられる
宇宙対抗格闘試合
力の大会
各宇宙の代表は10名
敗北した宇宙は

消滅
!!!!!!!!!???

己が宇宙の
生き残りをかけた
究極の
武道大会が始まる

あらすじ

第7宇宙を代表する10名の戦士がチームとなって「力の大会」に臨みます!そこに待ち受ける熾烈な戦いとは?悟空にさらなる強敵は現れるのか??!

あらすじ
悟空に申し出により、全王様主催の宇宙対抗の武道大会「力の大会」が始まる!…だがそれは宇宙消滅の始まりだった。 この武道大会の勝者、そして敗者には何が待ち受けるのか…?!各宇宙の精鋭たちによる熾烈なチームバトルは一体どんな戦いになるのか…!

「ドラゴンボール超」プロデューサー橋爪駿輝
(フジテレビ編成部)コメント
新章「宇宙サバイバル編」に突入するドラゴンボール超(スーパー)。新ビジュアルの通り悟空をはじめとする第7宇宙の戦士たちが集結し、チーム一丸となって宇宙対抗の大会に挑んでいく迫力満点のストーリーとなっています!人造人間17号や魔人ブウもいたりして、果たしてどんな戦いが始まるのか、僕自身ワクワクが止まりません! 各宇宙の精鋭たちも続々登場する大激戦必至の新章、ご期待ください!
情報源:ドラゴンボール超公式サイト

考察

全宇宙、全界王、全破壊神を巻き込んだ大規模な格闘大会になりそうですね。
全宇宙ということなので、悟空達がいる第六宇宙はもちろん、シャンパたちがいる第七宇宙も参戦することになりそう?

ちなみに、メインビジュアルには10人の戦士が載っていました。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

・孫悟空
・べジータ
・孫悟飯
・クリリン
・天津飯
・ピッコロ
・亀仙人
・人造人間17号
・人造人間18号
・魔人ブウ(善)

この10人が格闘試合のメンバーになるのでしょうか?

疑問なのはやはり『亀仙人』ですよね。
明らかに戦闘力が他のキャラクターよりも下だと思います。
これならヤムチャのほうが何倍も役に立つはずですが・・・w
ヤムチャはおろか、チャオズのほうが亀仙人よりも強いと思います。
チャオズも界王星で修行しましたし。

敗北した宇宙は即消滅!?

動画によれば、敗北した宇宙は即消滅してしまうんだとか。
本当なんでしょうか。

最後に待っているのはハッピーエンドか・・それとも・・?

第六宇宙の戦士は誰になる?

ボタモ(黄色熊)、オッタ・マゲッタ(ロボ)、キャベ(サイヤ人)、ヒットは参戦する可能性が高そうですね。
後気になるのはフロストです。
先週のドラゴンボール超で、指名手配されているというニュースが流れていました。

もし本当に敗北した宇宙が消滅するのであれば、どんな手を使ってでも少しでも強い人を参戦させたいはずです。
ある意味、どのような手段を使ってでも勝とうとするフロストは格闘試合に向いてるような気がします。
実力的にも申し分ないですし、再びフロストが登場する可能性があるか興味深いですよね。

ちなみに!第六宇宙の界王神はこの人です。
第6・第7宇宙の格闘試合を見に来ていました。
界王神と破壊神は命が繋がっているので、彼が死ぬとおそらくシャンパも死ぬことになると思います。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

どんなストーリーになりそう?

破壊神同士の争いは宇宙が消滅するほどの力を持っているそうですから、破壊神シャンパ編のように選抜チーム戦での戦いになりそうですね。
そして勝ち越したチームが生き残り、負けたほうのチームが消滅するのかもしれません。

何処かのチームから、破壊神に匹敵かそれ以上の選手が出てきてもおかしくないですし、ストーリーは全く想像できませんね。
あるいはザマスのように、この大会を利用して何か悪巧みを考えている界王神(あるいは破壊神)がいてもおかしくありません。
2017年2月5日(日)から放送開始となるので楽しみにお待ちください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク