ヒットは何故悟空の暗殺にやって来た?

今週のドラゴンボール超 第71話「悟空死す! 絶対執行の暗殺依頼」で悟空の暗殺にやって来たヒット。

どうしてヒットが暗殺にやって来たのか。
誰が依頼したのかを考察してみました。

■ドラゴンボール超 公式次回予告(71話)


リンク:ドラゴンボール超 公式サイト

依頼者は誰?

今回のストーリーで一番怪しく感じたのは………
ずばり……
ウイスです。

べジータとウイスの会話を思い出してみてください。

ビルス「全王様の思いつきで、武道大会がいつ始まっても不思議じゃない。悟空は第七宇宙の大将なんだぞ!」
べジータ「カカロットが大将だと? (心の声)」
ウイス「まぁ、地球で修行でもなさってるんじゃないでしょうかね~。」
ビルス「何をのんきなことを言ってるんだ!アイツが期待はずれの戦いぶりを見せて全王様の機嫌を損ねたら、僕らはどうなると思ってるんだ!」
と悟空が修行に来ないことに心配を漏らしたビルス様。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ビルス「ウイス!責任を持ってお前が悟空を鍛えておけ!」
ウイス「かしこまりました。」

ここでウイスが何か意味深な表情をしました。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

それに気づいたべジータが…。
べジータ「何か知ってやがるな。 (心の声)」

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ウイス「さぁべジータさん、修行の続きをしましょう。」
べジータ「カカロットの奴が何をやっているのか本当は知っていますね?」
ウイス「いいえ。知りません。」
べジータ「そうですか。分かりました。俺もカカロットの過酷な修行に負けないよう精進します。」
ウイス「そうですね。あれは大変なものです。」
と口を滑らしたウイスに蹴りを放つべジータ。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

べジータ「やはりあいつは特別な修行をしてやがるのか?」
ウイス「おっほっほっほっほ。」
べジータ「誤魔化すんじゃない!俺にも修行をつけやがれ!」
ウイス「まだ100回組での修行を数回しか終えていませんよ。」
べジータ「だったらとっとと終わらせるまでだ」

明らかにウイスが怪しいですよね。
修行の一環として、ウイスがヒットに暗殺の依頼をした可能性が高そうです。
べジータではなく悟空の暗殺依頼したのは弱点を補うためとか?
悟空はGフリーザ編でレーザー銃に貫かれるなど油断を見せていたので、油断を無くすために依頼したとかは可能性がありそうです。

悟空はどうなる?

問題なのは悟空が死んでしまったこと。
本当に殺したのであればドラゴンボールで生き返らせないといけなくかなり面倒です。
ただ、次回予告では悟空は生きていました。

生きていた理由は不明です。
本当は死んでいなかったのかな?
一時的に仮死状態にする技とか・・・。

あるいはウイスが時間を戻す可能性もありそうです。
もしウイスが仕掛け人なら、この説がさらに高くなりそう。
時間を戻して「悟空さん。今度は油断なさらないでくださいね。」と言ってもう一回戦わせるとか。

ヒットは退場時に「また来る…お前の墓ができたらな。」と発言していますが、これも何か意味がある?
ヒットが本気で殺る気があったのかも気になります。
プロである以上、依頼を受けた以上は仕事はしてくれそうですが。

実際にウイスが依頼したのか、それじとも全くの別人なのか。
どうして悟空は生きているのか。
次回、明らかになるのでお見逃しなく!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク